病気の不安がある方に寄り添います

オックスフォード大学で培ったサイエンス的思考で生き方の提案をします

自分が提供されたい医療を、自分が救いたい患者さんに十分な時間を取って提供します

患者様に安心と希望を与えるクリニックです。
明らかなエビデンスがあり、そして体に優しい治療を加えたい方 是非お越し下さい
(初診時から遠隔診療や電話診療も可能)

現在進行中のがん治療にプラスαを求める場合に最適です。
また、他の病院やクリニックで治らない、難症、難病などは、体質改善を含めて加療しないと、基本的には好転しません。
がんを含めて難症、難病などは、気長にお付き合いをしましょう。一緒に体質や生活の改善も行いましょう。
明らかなエビデンスがあることを最優先し、エビデンスはまだないが経験的に良いこと(些細なこと呼んでいます)を積み重ねましょう。
そんなお話しがゆっくりとできる空間とシステムをご用意しました。
現在お通いの病院と併用してご利用いただけます。

当院の診療について
現在の治療と併用できます。

詳しくはこちら

診療科目

がん治療を主に行っています。
がんは常時発生して、そのがんの種を免疫システムが常時退治していると考えられています。免役システムからがんの種が逃れるとがんが発症します。

他にも、免疫の異常に係わる疾患を治療しています。免疫の領域はいまだに解明されていない領域が多く、まだまだ未知な領域です。
免疫が低下して生じるがんや感染症、免疫が亢進して生じるアレルギー疾患やリウマチ疾患、
そして不妊症などに限らず、様々な難病、難症が免疫異常によって生じる、または病態が加速されると思われます。
そんな免疫異常による難病、難症を日常生活の改善と、生薬の組合せである漢方の力を総合して、加療します。

免疫力を適切な状態(免疫の中庸状態)に保つ漢方薬で治る病気、軽くなる訴え、消失する病巣などは、免疫システムの不具合が原因とも考えられます。

当院で使用している生薬を主薬とした漢方薬で効果があれば、ある種の免疫システムの不調と結論することができます。

  1. 腫瘍内科

    免疫系の亢進や低下が様々な疾患・症状を引き起こします。全身の状態を整えたり、バランスをとるという考え方が奏功することがあります。

  2. 乳腺腫瘍内科

    当院がエビデンスをもって治療できる領域です。基本は生薬や漢方薬で対応します。

  3. 内科(漢方)

    免疫のバランスをテーマに難症・難病にアプローチします。

  4. セカンドオピニオン

    セカンドオピニオンのパイオニアとして日本国内でのセカンドオピニオンの啓発に精力を注ぎました。

YouTubeのご案内youtube-banner

新規動画公開

首藤昭彦先生との乳がんに関する動画をYouTubeにアップしました。
乳がんについてご心配な方は一度参考にしていただけると幸いです。
以下のリンクをクリックなさってください。

新見正則医院・乳がんのギモン・シツモンSpecial〜首藤昭彦さん(国立がん研究センター中央病院乳腺外科長)を迎えて

 

アクセス

 

map3D

JR飯田橋西口を左に早稲田通りを100m(徒歩1分)、富士見教会に面したドトールコーヒーが1階にあるビルの5階と6階です。

GoogleMAPで見る

〒102-0071
東京都千代田区富士見2-3-10 飯田ビル5&6階
・JR飯田橋駅西口 徒歩1分
・地下鉄飯田橋駅B2a出口 徒歩2分

午前 休診9:oo〜12:009:oo〜12:009:oo〜12:009:oo〜12:009:oo〜12:00休診
午後 休診14:00〜17:0014:00〜17:0014:00〜17:0014:00〜17:00休診休診
PAGE TOP