内科(不妊治療)

内科(不妊治療)について

不妊症の7割は原因が不明といわれています。当院では免疫の働きにアプローチします

漢方の働きは、免疫が低下状態であれば向上させ、免疫が過度に亢進状態であれば、それを抑えるのではないかと思っています。

不妊症や習慣性流産の約7割は原因不明です。
そんな原因不明の不妊症や習慣性流産の中に免疫異常による病態が含まれています。

ですから、いろいろな治療が功を奏さない、
不妊症や習慣性流産には漢方薬で加療を行うことがあります。
生薬の組み合わせで成功すれば、その一因に免疫異常があったと推論できます。

PAGE TOP