内科(アレルギー性疾患)

内科(アレルギー性疾患)について

アレルギー性疾患は自己免疫が亢進して起こる症状です

免疫が亢進して生じるアレルギー疾患にも、生薬や漢方を使用します。

なぜなら、免疫の亢進状態、つまりステロイドという免疫を抑制する薬剤で症状が
楽になる病態である喘息、乾癬、IgA腎症、アトピーなどに有効となる場合があると示唆されているからです。

通常の治療で治らないアレルギー疾患の方は、通常の西洋薬では加療できない免疫異常がある可能性があります。
免疫を中庸にするかもしれない漢方薬の投与と生活の改善を併用して、少々気長に加療します。

内科(アレルギー性疾患)

  1. 内科(アレルギー性疾患)について

    内科(アレルギー性疾患)について

PAGE TOP